現実に存在しない理想的社会に対する夢想、願望は常に人間の潜在的欲望として存在している。いにしえから数多くの理想的国家や社会が構想され、夢想され続けてきた。

夢想され、創造された理想的な国家や共同体社会は一般に「ユートピア(utopia)」という名で表現される。これは、イギリスの思想家トマス・モアにより1516年に出版された『ユートピア』の書名に由来するものである。

同書を始めとして、プラトン『国家』、ブルタルクス『リュクルゴスの生涯』、トマン・カンパネラ『太陽の都』、ヴァレンティン・アンドレアエ『クリスティアノポリス』、ベーコン『ニューアトランティス』、ジェラード・ウィンスタンリー『自由の法』など、これらに限らず無数の理想社会が語られてきた。

見田宗介(1979)はこれらのユートピアを、①始原のユートピア、②終末のユートピア、③地上のユートピア、④天上のユートピアの4つのタイプに分類している。

  グレゴリー・クレイズは、『ユートピアの歴史』(2011)で、古今東西の神話体系から各種ユートピアに関する小説、SFで描かれた宇宙世界やディストピアまで、膨大なユートピアに関する言説を分析検討し、ユートピアの思索発展を、神話的段階、宗教的段階、実証的段階の3段階に区分している。

 神話的段階に区分されているのは、主にギリシア、ローマ時代に描かれたユートピア理想社会である。そこでは、例えばヘシオドスが『仕事と日』中で語った古代の神々日常やホメーリスが『オデュッセイア』の中で語った地中海のどこかにあるアイアイエー島などがユートピア神話世界として語られた。それらの時代設定はギリシア、ローマを遙か過去に遡った「古代」である。

宗教的段階におけるユートピアの時代設定は「天国としての来世」、「人類誕生の地としてのエデン」など、別位相世界が中心である。イエス・キリスト再臨の可能性に対する熱烈な願望が「千年王国思想」などを生み出していった。実証的段階(実践型コミュナルリビング)は、宗教的段階における宗教的救済としての別位相世界に代わり、世俗的な形でもたらそうとしたものである。この段階においては「人は理想を描くというより、実現することに気を砕き、近代性の頂点を指向する。」ようになるとクレイズは語る。

ユートピア型コミュナルリビングの多くは、その実現を主目的としたものではなく、神話世界の構築や宗教的救済、社会批判などを目的として描かれたものが中心ではあったが、その一方で、これらの中にもその後、実際に実現したコミュナルリビングの萌芽的要素を見出すことができる。

 ルイス・マンフォードは、ユートピアを、「逃避のユートピア」と「再建のユートピア」に分類し、再建のユートピアを「幼稚な欲望と願望に色どられているけれども、(…)それらが実現される世界を考慮している」ものと語っているが、まさにそうした構想が「ユートピア型コミュナルリビング」の中で生成されていったと言えるだろう。

その代表がトマス・モアの『ユートピア』である。この物語は、ポルトガル生まれの資産家であったラファエル・ヒロスデイが、アメリゴ・ヴェスップッチと共に世界の隅々に航海した折に、彼から離れてしばらく滞在したユートピア島の物語をモア卿が聞き書きする形を取ったものであり、当時の英国政府の国家運営方針(例えば刑罰など)の批判を目的として執筆されたものではあったが、そこで描かれたユートピア島では、当時の中世貴族たちによる階級社会とは大きくかけ離れた平等社会が描かれていた。

ユートピア島にある54の都市はほぼ同規模でかつ適度に離れており、それぞれが自立経済圏を成している。都市の中は都市経営を司る部門と農家に分かれ、農業技術の習得と熟練を目的に、一定の期間で役割交換がなされている。職業の種類は、農業を除くと、毛織り業、亜麻織業、石工業などで都市経済を維持するための必要最低限の職種となっている。労働は一日6時間、睡眠は8時間、食事以外の時間は有益な知識の習得が推奨されている。衣服は、男女ともにほぼ共通で、住宅は補修を続けることで長持ちする家に住んでいる。それぞれの家族で生産されたものは、市場の倉庫に運び込まれ、それぞれが必要とするだけ持ち帰ると私有財産制の放棄と共有制度が採用されている。労働者の中から一部の知識人が選抜抜擢され、外交使節、司祭、市長などが選ばれ都市運営が行われる。

私有財産の放棄と共有制度、競争主義の排除、節度のある質素な生活、学問修得による共通の思想の獲得などの概念は、後の実践型コミュナルリビングの多くが目指そうとした運営のあり方がすでに描かれている。学習の重要性についてはロバート・オウエンによるニュー・ハーモニーの思想とも共通するものである。