コミュナルリビング(共同生活)の歴史的系譜を辿る前に、最初にこの語句の定義を試みておきたい。コミュナルリビングとは、血縁・婚姻などを起因とし、生活を共にする家族(血縁家族/婚姻家族)ではなく、所属や来歴の異なる人々が、特定の家屋内や場所に集まり、日常生活の全部もしくは一部を共同しながら生活するスタイルのことを指す。

コミュナルリビングは、共同体の一種もしくは一部である。コミュナルリビングと共同体は一見同義にも見えるが、例えば大塚久雄『共同体の基礎理論』(1955)では、封建主義の崩壊を「共同体の崩壊」と捉える場合があるように、より広義の政治経済学的見地から使用される場合もある。ここで語るコミュニティ・リビングは、例えば、1960年代アメリカで新しい価値観や生き方を模索する為に若者たちが集まり自主運営したコミューンのように、より少人数で運営する共同生活体のイメージに近い。

コミュナルリビングは、現在自分が属するコミュニティや家族の生活から物理的にも精神的にも離れ、宗教的理念や政治理念、何らかの生活ポリシーを同じくする人々と共同生活を営むことで、自らが理想とする生活スタイルを築き上げようとする動きでもある。

自らが理想と考える社会という意味において、コミュナルリビングはユートピアとも類似している。ユートピアは、トマス・モアが描いた理想国家の名称であるが、その後、実在、非実在を問わず理想郷を示す一般名詞となった。資本主義の対抗勢力として生まれた社会主義や共産主義社会もユートピア社会として語られる場合もあった。こうした未実現のユートピア的共同生活のあり方も、コミュナルリビングの検討すべき対象範囲であると言えるだろう。

コミュナルリビングは、夢想・構想のレベルに留まった非実在の「ユートピア(空想)型コミュナルリビング」と、実際に共同生活が行われた実在の「実践的コミュナルリビング」に分けることが出来る。本論で取り上げるのは、主に後者の「実践的コミュナルリビング」であるが、これらを完全に分離して検討記述することはいささか困難である。何故ならば、実在と非実在の違いは単にそれが実行に移されたかどうかの違いであり、理想的な世界や社会を構想するというレベルにおいては同一行動であるとも言えるからである。(もちろん、実現性を前提として構想するかどうかにおいて語られたコミュナルリビングの様相は大きく異なるであろうが、一方でトマス・モア『ユートピア』のそれらしい実現可能性にも留意を払うべきだろう)